今日も朝7時頃に目が覚めたのですが、ココロが不安感に支配されてしまい、具合が悪く横になっていました。

頭に思い浮かぶ事が不安な事ばかりで、まったく何もする気がおきません。

こんな事が起こったらどうしよう、あんな事が起こったらどうしようと、そんな事ばかりをぐるぐる考え続けていました。

しかし、横になって不安な事ばかりを考え続けていてもツライだけなので、何とか気力を振り絞って、10時頃から行動を始めました。

将来に対して不安な事ばかり考えてしまったり、ネガティブ思考をしてしまうのは、やはりまだまだうつ病の状態が良くないだと思います。

世の中には「未来がだんだんよくなる」と思える人と、「どんどんダメになっていく」と思う人の2種類がいるそうです。

現在の僕は、間違いなく「未来はどんどんダメになっていく」と考えてしまっています。

5年後や10年後の未来から、明日、明後日の事まで、不安な事ばかり頭に浮かんできます。

その結果、気持ちが落ち込んで、行動する気力が削られてしまって、ほとんど何も生産的な事ができないまま時間だけが過ぎてしまっています。

そしてその事によってさらに自己嫌悪に陥ってしまい、負のスパイラルにハマってしまうという現状です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

変な人が書いた人生の哲学 (PHP文庫) [ 斎藤 一人 ]
価格:704円(税込、送料無料) (2020/6/11時点)

 

不安は50分の1くらいしか実現しない

うつ病の症状かもしれませんが、現在の自分は間違いなく不安症の人間です。

自分のような不安症の人間は、「自分が考えている悪いことは、本当は50分の1くらいしか起きないんだ」と考えるようにするといいようです。

同じような問題が起きた時、普通の人は「1」くらいの反応しかしないのに、自分は「50」くらいに悪く感じているんだ、と思うようにする。

要するに「50倍にふくらませて感じているのだ」と自分に言い聞かせる。

確かに、自分が不安に思っている事というのは、実際にはほとんど起こらないという場合が多いです。

なので不安感にココロが支配されたら、「また50倍に悪く感じているな」と考えるようにして、あとはそんな自分でもどうやって楽しく生きられるのかに集中することが大切になってきます。

楽しく生きるためには、自分の人生はこれから良くなると思って、行動していく事が大切です。

人生が良くなると思って行動する事で、良くなる道も見えてきて、行動するモチベーションも上がってくると思います。

現在もうつ病の療養中なので、あまり頑張りすぎずに、ゆる~く楽に考えながら、堅実に1歩1歩行動していこうと考えています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

変な人が書いた人生の哲学 (PHP文庫) [ 斎藤 一人 ]
価格:704円(税込、送料無料) (2020/6/11時点)