今日は仕事が休みだったので、マイナポイントの申込みをしようと思いました。

2020年9月1日(火)からスタートする「マイナポイント」。

マイナポイント事業は、マイナンバーカード普及に向けた取り組みの1つです。

2020年9月1日(火)から、2021年3月31日(水)までの7カ月間実施されます。

キャッシュレス決済サービスを提供する決済事業者を通じて、チャージ、または買い物に対して、25%の「プレミアム」が付与されます。

上限は、5,000円相当。

つまり、マイナンバーカードを取得して、所定の設定とキャッシュレス決済を選ぶだけで、最大で5,000円相当のポイントが付与されるという事です。

キャッシュレス決済サービスは、クレジットサービスやデビットカード、Suicaなどの電子マネー、PayPayなどQRコード決済から「どれかひとつ」を選択します。

9月の事業開始を前に、2020年7月1日(水)からマイナポイントの申込みがスタートしました。

登録から利用までいくつかの準備が必要となります。

なお、注意点としましては、マイナポイントの対象になるのは、9月1日以降のチャージや決済です。

7月時点は「申込み」の開始で、9月より前にチャージや決済をしてもマイナポイントは付与されません。

スポンサーリンク
 

ポイント還元を受けられるのは4,000万人まで

マイナポイントを活用するには、3つの準備が必要となります。

  • マイナンバーカードの取得
  • マイナポイントを予約
  • マイナポイントの申込み(=キャッシュレス決済サービスの選択。7月1日から。)

 
2020年7月1日(水)からスタートした「マイナポイントの申込み」。

クレジットカードや電子マネー、QRコード決済などの決済事業者から、「どれかひとつ」を選択する必要があります。

話題のマイナポイントなので、多くの決済サービスが参加しています。

基本的には、よく使うクレジットカードやQRコード決済、電子マネーなどを選ぶのがよいと思われます。

個人的には、最も良く使う楽天カードを選択しようと思いますが、各決済事業者が自社サービスに登録してもらえるようにキャンペーンなどに力を入れているようです。

7月1日現在では、WAONは最大2,000円相当、Suicaは1,000円相当、d払いやdカードは500円相当が、マイナポイントの最大5,000円相当に加えて付与されます。

また、三井住友カードは抽選で100名に1万円相当、PayPayは抽選で10名に100万円など、全員ではなく抽選で高額還元といった事業者もあります。

ちなみに、このポイントをもらえるのは大人だけでなく、マイナンバーカードを持っている子供でも申込みが可能です。

そして、このポイント還元を受けられるのは4,000万人までとなっています。

この人数に達した場合には、早めに締め切られる方向ですので、予約を早めにするのがお得になるのかもしれませんね。

スポンサーリンク