マイナンバーカードを用いた政府のポイント還元「マイナポイント事業」の申込みが、2020年7月1日(水)から始まりました。

 

2020年9月1日(火)以降、マイナンバーカード所有者を対象に、最大5,000円相当の「マイナポイント」を還元する制度です。

消費増税による個人消費の落ち込み軽減や、マイナンバーカードの普及に向けた取り組みの1つです。

ポイントの還元を受けるには、マイナンバーカードの取得に加え、マイナポイントの利用予約と申込みが必要となります。

マイナポイントは、1人当たり5,000円相当のポイントが上限となりますが、紐付ける決済事業者によっては、独自にポイントの上乗せも行っています。

例えば、Suicaは、独自に最大1,000円分の上乗せ。

イオン系のWAONは、最大で2,000円分の上乗せを実施しています。

決済事業者の登録は1つのみで、一度登録すると変更できないので、慎重に決めたいところです。

悩ましいところですが、今回僕は、自分がもっとも利用頻度が高い、楽天カードを決済事業者として、紐付けてみることにしました。

スポンサーリンク
 

マイナポイントの決済事業者として、楽天カードを紐付け

今回僕は、マイナポイントの決済事業者として、楽天カードを紐付けてみることにしました。

マイナポイントを楽天ポイントとして取得するためには、楽天カード、マイナンバーカード、マイナポイントアプリ、楽天カードアプリの4つが必要となります。

まずは、マイナンバーカードと交付時に設定した暗証番号を用意します。

次に、iPhoneでマイナポイントアプリをダウンロードします。

マイナポイントアプリを起動し、「マイナポイントの予約(マイキーIDの発行)」をタップ後、「次へ進む」をタップ。

「読み取り開始」をタップし、マイナンバーカードを受け取った際に、自分で設定した「数字4桁のパスワード(暗証番号)」を入力。

「OK」をタップし、マイナンバーカードをiPhoneで読み取ります。

「発行」をタップすれば、マイナポイントの予約(マイキーIDの発行)が完了します。

次に、楽天カードアプリを起動し、「その他」画面内の歯車アイコンをタップし、「マイナポイント申込」をタップ。

お申し込みボタンから、マイナポイントアプリへ遷移し、必要事項を入力し申込みを完了します。

2020年9月1日(火)以降の楽天カードの利用分が、ポイント進呈対象になります。

スポンサーリンク
 

マイナポイントの申込みに関して、トラブルが相次いでいる模様

マイナポイントを楽天カードを決済事業者として紐付けする作業は、僕の場合15分くらいで終了する事ができました。

しかし、マイナポイントのポイント還元の申込みに関しては、トラブルが相次いでいるようです。

総務省によると、申込みがスタートした7月1日(水)には、約21万件の申込みがあり、マイナポイントのホームページにはアクセスが集中してつながりにくい状況になったそうです。

また、セブンイレブンに設置された申込み用のマルチコピー機でも申込みできないトラブルが発生しました。

そして、特にトラブルが多いのが、スマートフォンでマイナンバーカードを読み取る時に、すぐにエラー表示が出てしまうというものだそうです。

実際に、僕も最初にスマホでマイナンバーカードを読み取ろうとした時に、エラーが出てしまいました^^;

エラーが出てしまうのは、読み取り時に、途中でスマホをマイナンバーカードから離してしまう場合が多いそうです。

僕もそうだったので、机の上などでマイナンバーカードにスマホを置いた状態で操作すると、うまく読み取る事ができました。

それと個人的には、マイナンバーカードを受け取った際に自分で設定した「数字4桁のパスワード(暗証番号)」がわからなくなってしまったというトラブルもありそうに思いました。

パスワードは3回連続して間違うと、不正防止のためロックがかかってしまいます。

ロックの解除は、住まいがある市区町村の窓口でパスワードの再設定を行う必要があるそうです。

また、僕は何らかの理由で、マイナンバーカードをすでに作成したのですが、マイナンバーカードは申込みから取得まで、約1カ月かかります。

マイナンバーカードの申請自体は、やる事は難しくはないのですが、時間がかかるのでちょっと面倒くさいですね。

1人10万円の「特別定額給付金」のオンライン申請の時も、マイナンバーカードが必要でした。

その時も色々とトラブルがあったようですが、今回も全国でトラブルが多発しているようです^^;

スポンサーリンク