2013年に厚生労働省が行った調査では、うつ病の有病率は6.7%であり、15人に1人が生涯に1度はうつ病にかかる可能性があると報告されています。

うつ病の患者さんは年々増加していて、2008年にはうつ病と双極性障害(躁うつ病)とあわせて100万人以上になったといわれています。

現在では、さらに多くの方がうつ病や双極性障害(躁うつ病)などのメンタル疾患に苦しんでいると思われます。

僕はうつ病が何度も再発していて、すごく重いうつ状態と寛解を繰り返しています。

そして、うつの状態が悪化してしまうと身体的にも強い倦怠感に襲われ、精神的にもまったく何もやる気がしないという状態になってしまいます。

そして個人的な経験からすると、うつの状態が最悪の時は、ひたすら休養に専念することしかできません。

1日中ベッドの上に横になって、何も生産的な活動ができません。

マイナス思考でしかものを考えられなくなるので、行動する気力が出てこないのです。

朝から晩まで1日中ベッドの上に横になっていると、貴重な時間をすごく無駄にしているような気がします。

はたから見ていると単に怠けているだけのように見えますが、寝たきりになっている当人は、肉体的にも精神的にも、とてもつらい状態になっているのです。

これは、実際に自分自身でうつ病というものを経験しなければわからないものだと思います。

スポンサーリンク
 

うつ病の状態には、様々な段階がある

一口にうつ病といっても、すごく重いうつ状態から、軽いうつ状態まで、様々な段階があります。

僕の個人的な経験からも、実際にうつが重症な時には、休養に専念することが大切だと思います。

社会人の場合は、できるだけ早く回復して仕事に復帰したい、学生さんの場合は、早く回復して学校に戻りたいと、気持ちがとても焦ると思います。

焦る気持ちはわかるのですが、まずはうつの状態を改善させることが先なのかなと思います。

ある程度うつの状態が改善してくるまでは、焦る気持ちを抑えつつ、休養することに専念するのが賢明です。

そして、うつの状態が改善してきたら、少しづつ行動していくことが大切になってきます。

毎日ちょっとずつでも散歩してみたり、本を1ページだけでも読んでみるなど。

個人的な経験からは、うつ病というのは、抗うつ薬を服用してベッドに寝ているだけでは、症状は改善してこないという場合が多かったです。

ある程度、症状が改善してきたら、少しづつで良いので行動していき、そして徐々にその行動量を増やしていくことが、社会復帰への第一歩になります。

スポンサーリンク
 

うつ病を改善させるには、生活療法が大切

うつ病を改善させる為には、生活療法が大切だといわれています。

生活療法とは、朝早く起きて散歩したり、本を読んだり勉強をしたりして、普通の日常生活に近づけていくことをいいます。

そして、うつ病の改善には、散歩する事がとても良いといわれます。

しかし、うつ病の回復状態から、いきなり30分も1時間も散歩することは難しいです。

なので、5分で良いので散歩してみる。

それだけでもグッタリと疲れてしまうかもしれません。

けれども毎日ちょっとずつでも良いので、散歩する時間を増やしていくことで、段々とうつの状態が改善していきます。

うつ病のような精神疾患が治る場合には、翌日朝起きたら完治しているというような、0か100かみたいな感じではありません。

うつ状態の回復というのは、少しずつ少しずつ良くなっていくという感じです。

毎日ちょっとずつリハビリを継続して、徐々に状態が良くなっていきます。

うつの状態がひどい時は、ベッドから起き上がって、立っているだけでもとても辛いと思いますが、ここが頑張りどころと思って、毎日少しづつ、行動量と行動時間を増やしていくことが、うつ病を改善させるコツなのだと思います。

早起きして散歩するのが効果的

結論をいうと、うつの状態が重い場合は休養に専念する。

そして、うつの状態が改善してきたら、少しづつで良いので行動量と行動時間を増やしていくことが大切になってきます。

特にうつの改善に効果的なのは、生活療法の中でも体を動かす運動療法です。

一般的には、早起きして散歩するというのが、うつ病の改善にはとても効果があるといわれています。

しかし、うつ病になると特に午前中に症状がひどい場合が多いので、実はこれがなかなか困難だと思います。

早起きするのが困難である場合は、まずは比較的症状が軽くなる午後から散歩してみるのも良いでしょう。

うつ病を改善させるのは、きちんとメンタルクリニックに通院して抗うつ薬などを服用することも大切ですが、早寝早起きして生活リズムを整えたり、散歩などの運動療法も並行して行っていくことがさらに効果的です。

自分のうつの調子に合わせながら、できることを徐々にやっていきましょう。

うつ病の状態が最悪の時には、絶望感に襲われ、もう復活することはできないと思ってしまうかもしれません。

しかし、このように考えてしまうのはうつ病の症状の一つであるマイナス思考がそうさせているので、うつの状態が回復してくると、このようなマイナス思考も自然と弱まっていくと思います。

スポンサーリンク