今日も、朝起きてから調子が悪かったのですが、ずっと横になっているというほどでもなく、9時頃には起き上がり、牛丼チェーンの松屋に、朝定食を食べに行きました。

その後、消費者金融レイクの借入残高を完済する為に、ATMに向かいました。

本日までにレイクの借入残高は、1万2千円ほどだったので、完済してしまおうと思ったからです。

完済し終わると、ちょっとスッキリした気分になりました。

これで、残る返済先は、楽天カード、消費者金融のモビット、イオンカード、セゾンカードの4社となりました。

借入残高は、楽天カードが460,578円、モビットが330,021円、イオンカードが299,018円、セゾンカードが139,755円で、総借入残高は、1,229,372円となっています。

レイクには、毎月8,000円返済していたので、それが無くなった事により、少しだけ気持ちが楽になりました。

しかし、まだ120万円以上の借金があるので、借金生活は続いていきます。

その後、100均で少し買い物をしてから帰宅し、パソコンでの作業を開始しました。

借金もあるし、このようなご時世なので、仕事が休みの日は基本的に自宅に引きこもっていますが、うつ病持ちの僕にとっては、家の中に閉じこもっているのは得意なので、それほど苦ではありません^^;

スポンサーリンク
 

健常者にうつ病の相談をしても無駄

最近思うのは、やはりうつ病などの精神疾患の辛さや苦しみは、結局、経験した人にしかわからないものだという事があります。

ここ最近の僕のうつ病の状態ですが、「起きてから午前中にかけて、とても具合が悪い時がある」「異常に疲れやすい」というのが主な症状です。

午前中調子が悪いのは、いわゆる日内変動ですが、人間関係のトラブルなどが重なると、午前中だけではなく1日中ベッドから起き上がれなかったりしてしまいます。

そして、本当に疲れやすいです。

健常者の人と比べると、1,5倍から2倍くらい疲れやすいのではないかという感じです。

しかも、その疲れがなかなか抜けずに、翌日になってもなかなか回復しません。

僕は、自分がうつ病である事を職場の人にはカミングアウトしていませんが、「体調が悪い」と言って、相談したりする事があります。

しかし、ほとんどの場合は、まともに取り合ってもらえず、ただの怠け者的な扱いを受けます。

「誰だってみんな疲れているんだよ」なんて言われると、自分の疲労感は尋常ではないと反論したくなりますが、おそらくいくらそんな事を言っても、理解されないだろうと思い、最近では周りの人に相談する事をやめました。

うつ病になった事がない人からすると、うつ病の人の異常な疲労感というのは、一生理解されないでしょう。

結局、健常者にうつ病の事を相談しても、何も解決しないのではないかと思います。

なので、うつ病などの精神疾患は、人を頼っても治らないので、自分自身で何とかするしかないという考えになっています。

僕の場合は、うつが悪くなる原因は、対人関係による事が多いので、とても疲れますが何とかうまく立ち回っていくしかないようです。

スポンサーリンク