今日は朝食後に、昨日メルカリに出品して売れた本(小冊子)の梱包と発送作業をしました。

梱包は、まず水濡れ防止の為にOPP袋入れ、テープで止めます。

使用するテープはセロハンテープでよいのですが、購入者の方が剥がしやすいように、昨日100円ショップで買ったマスキングテープを使用しました。

その後、緩衝材のプチプチで包み、封筒に入れて、口をテープで止めれば完成です。

実際にやってみると、かなり簡単に梱包する事ができました。

そして、今回は配送方法を「ゆうゆうメルカリ便」にしたので、メルカリの取引画面で、「郵便局から発送」を選択します。

すると、「2次元バーコード」が生成されます。

そして、郵便局に行くと「ゆうプリタッチ」というものがあるので、そのスキャナで生成した2次元バーコードを読み取らせると、送り状が発行されます。

発行された送り状と荷物を郵便局の窓口へ持参し、発送手続きを行います。

これで、発送が完了しました。

商品の発送通知は自動で購入者に送られますので、後は購入者の受け取り確認と評価を待ちます。

今回は、メルカリでの「ゆうゆうメルカリ便」による初めての発送作業でしたが、特に難しい点もなく、とても簡単に終えることができました。

スポンサーリンク
 

メルカリで初めて不用品を売って思ったこと

今回、僕がメルカリで初めて売った物は、自宅にあった自己啓発系の非売品の小冊子でした。

販売価格は、5,000円でした。

ここから10%の販売手数料500円と、ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットの200円の配送料が引かれますので、販売利益は4,300円となりました。

今回、販売した小冊子は、ずっと自宅の本棚においてあるだけの物だったので、販売することができて、ちょっとテンションが上がりました。

そして、今回メルカリで初めて不用品を売って思ったのは、「世の中には、色々な価値観の人がいるのだなぁ」という事です。

今回売った小冊子は、非売品だからとはいえ、5,000円の価値を感じる方もいるという事に驚きました。

でも、メルカリに出品してすぐ、5分後くらいに購入されたので、購入してくれた方にとっては、何か特別な価値があるのかもしれませんね。

いずれにしても、喜んでもらえたらいいなと思います。

自宅にはまだ、買っても読んでいない本や、もう読まない本があるので、この機会に出品してしまおうと思います。

 

【メルカリ招待コード】  RMSAWV

メルカリ新規登録時に、上記の【メルカリ招待コード】を入力すると、もれなく500円分のポイントがプレゼントされます。

※【メルカリ招待コード】が入力できるのは、スマホアプリからのみです。
※【メルカリ招待コード】は、半角で入力してください。(小文字でもOK)

スポンサーリンク