東京の新型コロナウイルスの新規感染者数が534人となり、2日連続で最多を更新しました。

果たして、再び緊急事態宣言が出されるような状況はあるのでしょうか。

2020年も残り約1カ月となり、2021年が目前となってきました。

個人的に2020年を振り返ってみると、うつ病に始まり、うつ病に終わるといったような1年でした。

2月にうつ病が再発悪化して、仕事以外の日は、ほとんど1日中自宅で寝たきり状態。

その後、良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、10月くらいになって、症状がかなり回復。

そして、現在11月になり、ほぼ症状が安定してきて、色々と行動することができるようになるまで回復しました。

ようやく機が熟してきて、準備が整ったというような状況にあります。

本当は、5月くらいには、自分が今後進むべき道というのがわかり、それに向けて行動していこうと思っていたのですが、体が思うように動かず、うつ病が回復するまで待たなくてはなりませんでした。

それでも、この半年間は、うつ病であまり行動できない中であっても、できる範囲の事をコツコツやってこれたと思います。

そして、いよいよ集中して行動を開始できるところまで来れたような気がしています。

スポンサーリンク
 

2021年の日本はどうなる?

さて、2021年の日本というのは、どのようになるのでしょうか。

個人的な予想としては、本格的に厳しい時代になっていくように思っています。

賃金は上がらないにも関わらず、物価はどんどん上昇。大増税時代に突入。中小企業は、次々に倒産。超格差社会。うつ病などの精神疾患の増加。新たな○○ウイルスの登場などなど。

悲観的な予想ばかりになってしまいますが、2021年というのは、どうしてもこれから始まる厳しい時代の序章のような年になるような気がしてしまいます。

まったく先が見えない感じになってきますが、このような時代にあっては、心を整えて前向きに行動していくしかないと思っています。

倒れる時は、前向きに倒れたいものです。

ただ、このような荒れた時代というのは、逆にチャンスというのも増えていきます。

チャンスを見つけることさえできれば、全力でそれに取り組むことで、考えられないような事が起こったりするかもしれません。

このような時代に突入するからこそ、様々な誘惑を断ち切り、ヘラヘラした気持ちを捨てて、真剣に行動を継続していくことで、本来の自分を取り戻したいと思っています。

諦めずに学びを継続し、行動を継続していけば、きっとこのような時代であっても、幸せを掴むことは可能だと思っています。

スポンサーリンク