• うつ病

2020年2月上旬から、うつ病の状態が悪くなり、僕は抗うつ薬のサインバルタの服薬を開始しました。

サインバルタの服薬は、まず最初は1日20mgからスタート。

その2週間後の心療内科の通院日に、朝食後20mg&夕食後20mgの1日40mgに増量。

1日に40mgの服用に増量しても、僕は相変わらず強い眠気と倦怠感に悩まされていました。

仕事が休みの日には、まったく何もする気力がおきずに、1日中ほとんど寝たきり状態でした。

仕事がある日には、何とか気力を振り絞って出勤し、強いうつ状態のまま仕事をしていました。

この時あたりから、どうもこのサインバルタという抗うつ薬は、自分には合っていないのではないだろうか、という疑念が頭をよぎるようになっていました。

しかし、主治医や薬剤師さんなどの話では、1日40mgを服用するようになってからしばらくすると、徐々にその効果を実感することができるという言葉を信じて、毎日欠かさずに服用を続けました。

サインバルタを1日40mg服用開始してから、2週間後の通院日。

主治医の先生に、どうも欝の状態が良くないという話をしたら、「1日60mgに増量してみますか?」という提案がありました。

この時には、僕はサインバルタという抗うつ薬に対して、ちょっと疑念を持っていたので、もう2週間、1日40mgの服用で様子をみることにしました。

スポンサーリンク
 

サインバルタ 1日40mgで様子を見る

サインバルタという抗うつ薬は、1日60mgまで増量することができるのですが、もうしばらく1日40mgで様子をみることにしました。

しかし、相変わらず調子は悪く、強い倦怠感で何もやる気がおきずに、ベッドの上で寝たきりの生活が続いていました。

サインバルタという抗うつ薬に期待していた僕は、まったく欝の状態が改善しない事にガッカリしていました。

インターネットやTwitterでサインバルタについて調べてみると、その評価はまちまちです。

サインバルタがよく効いたという人もいれば、まったく効果を感じられないという人もいたり、副作用がひどくて服用するのをやめたという人もいました。

抗うつ薬が効く、効かないは個人差があるので、実際に本人が2カ月程度服用してみないと、自分に合う合わないというのは、なかなかわからないようです。

僕は1日20mgから40mgに増量しましたが、どうやら自分には合っていないのではという感じがしていました。

しかし、とにかく2カ月は、しっかりと服用を継続してみようという気持ちでいました。

スポンサーリンク
 

サインバルタ 1日60mgの服用を開始

サインバルタを1日40mg服用して、1カ月後の心療内科の通院日。

僕のうつの状態は、相変わらず良くありませんでした。

しかし、ここまできたら1日60mgまで増量してみようという気持ちになりました。

主治医の先生に相談して、朝食後30mg&夕食後30mgの1日60mgを服用することにしました。

そして、僕はサインバルタの服用最大量である1日60mgの服用を開始しました。

しかし、結果的に僕のうつの状態は、ほとんど変わらずに、むしろ悪化したような気がしました。

強い眠気と倦怠感で、1日中ベッドの上で寝たきり状態でいると、絶望的な気持ちになりました。

そんな日々の中、僕の頭の中に、結局自分のうつ病は自分で治すしかないという考えが生まれました。

このままサインバルタという抗うつ薬に頼っていても、おそらく自分のうつ病はよくならない。

そして、僕は自己判断で、試しにサインバルタを断薬してみることを決断しました。

サインバルタのような抗うつ薬は、減薬・断薬すると様々な離脱症状がおこる可能性があることは知っていました。

しかも、サインバルタは離脱症状が起こりやすいという話もあります。

しかし、僕にはこのまま服用を継続していても、おそらく状態は良くならないだろうという思いがあったので、ある程度の離脱症状は覚悟して、断薬することにしました。

サインバルタ 自己判断で断薬した結果は?

サインバルタの代表的な離脱症状には、めまいや頭痛、シャンビリ感などがあります。

シャンビリ感とは、耳鳴り(シャンシャン)や手足のしびれ(ビリビリ)から、そのように言われています。

Twitterで調べてみると、このような離脱症状に苦しんでいる方が多くいました。

しかし、僕の場合は断薬しても、これらの離脱症状は、ほとんど起きませんでした。

しいていえば、朝起きてから午前中は、やや眠さやだるさがあるといった程度で、それにしてもサインバルタを服用していた時にくらべたら、うつの状態は良くなっていきました。

サインバルタを服用していた時のような、日中の強い眠気や倦怠感、無気力感は、断薬することによって徐々に減っていきました。

そして、日中も寝たきり状態から起き上がっていられるようになり、パソコンで作業をするところまで回復していきました。

結果的に僕の自己判断によるサインバルタの断薬は、成功したといってよいかもしれません。

しかし、抗うつ薬の断薬は個人差があるので、人に勧められるかといえば、答えはNOになります。

人によっては、自己判断で断薬した事によって、うつの状態がさらに悪化するという場合もあるようです。

なので、サインバルタなどの抗うつ薬の断薬は、主治医の先生とよく相談して、じっくりと時間をかけて、慎重に行うほうが賢明だと思います。

スポンサーリンク