• うつ病

僕は、2020年2月上旬から約2カ月間、サインバルタという抗うつ薬を服用していました。

サインバルタ(一般名:デュロキセチン)は、SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)に分類される抗うつ薬になります。

サインバルタの服用は、最初20mgから始めて、40mg、60mgと増量していきました。

服用当初から、強い眠気や倦怠感、食欲不振などの副作用があり、自分にはこの抗うつ薬は合っていないのではないかという疑念がありましたが、抗うつ薬は効果があらわれるまでに2カ月ほどかかる場合があるとの事だったので、2カ月間は律儀に服用してみました。

結局2カ月服用しても、僕のうつ病は改善せずに、むしろさらに状態が悪くなったような感じでした。

そして、うつの状態が悪く、1日中ベッドの上で寝たきりで過ごしていた時に、「結局、うつ病は自分で治さなければいけない」という風に考えるようになりました。

そして、僕は自己判断でサインバルタの断薬をすることを決断しました。

抗うつ薬の減薬や断薬は、ひどい離脱症状に襲われることがあるので、一般的には自己判断での断薬は危険といわれます。

主治医と相談の上、時間をかけて、まずは減薬していくことが推奨されています。

しかし、僕は離脱症状がおこるかもしれない事は覚悟して、自己判断で断薬することに踏み切りました。

スポンサーリンク
 

サインバルタの主な離脱症状

抗うつ薬のサインバルタを減薬や断薬した時の離脱症状の主なものとしては、めまい・発汗・不眠・ふるえ・吐き気・シャンビリ感などがあります。

シャンビリ感とは、「シャンシャン」という耳鳴りや、身体のそこかしこに、まるで電気が走ったように、「ビリッ」という痺れのような感覚が現れる事です。

この2つの症状を合わせて、「シャンビリ感」と呼ばれています。

また、サインバルタなどの抗うつ薬を急に断薬した事によって、うつの症状がものすごく悪化したという方もいます。

なので、僕はある程度の離脱症状が起こるのは仕方がないと覚悟して、自己判断で断薬を開始しました。

しかし、実際に断薬をしてみると、僕にはほとんど離脱症状らしきものはありませんでした。

朝起きてから午前中にかけて、やや眠気やだるさがあったのと、あまり眠れない不眠の症状がありました。

午前中に調子が悪いのと、よく眠れないのは前からなので、離脱症状はほとんどなかったといってよいかもしれません。

抗うつ薬の断薬には個人差があるので、離脱症状がほとんど起こらないという場合もあるようです。

僕の場合はそれにあてはまり、そしてうつの症状は、徐々に改善していきました。

スポンサーリンク
 

サインバルタを断薬した体験談

僕の場合は、サインバルタを服用していた時よりも、断薬後の方が明らかに体調が良くなりました。

服用していた時は、1日中ベッドに寝たきりという事がほとんどだったのですが、断薬後には日中も起きていられるようになり、やる気が回復し、ブログ記事を書いたりする事もできるようになりました。

しかし、そもそも欝の状態が悪化したから、サインバルタを処方してもらったので、サインバルタを2カ月間服用し続けたことによって、何らかの効果があったのかもしれません。

精神的にも前向きになれて、ほとんど寝たきりだった時が信じられないほど、前向きにいろいろと行動することができるようになりました。

うつ病は0からいきなり100まで回復するような感じではなく、良くなったり悪くなったりを繰り返して、ゆっくりと回復していくものだと思っています。

なので、調子が良くなってきたからといって、調子に乗らずに気をつけながら生活していきたいと思います。

抗うつ薬の断薬は慎重に

僕は幸運にも、自己判断でのサインバルタの断薬に成功しました。

しかし、これはたまたまラッキーだっただけで、自己判断での断薬は人に勧められません。

やはり、サインバルタなどの抗うつ薬を減薬や断薬する時は、主治医の先生によく相談しながら行った方が良いと思います。

人によっては、抗うつ薬を服用し始めた時よりも、欝の状態が悪化したという方もいらっしゃいます。

なので、抗うつ薬の減薬・断薬は慎重に行うべきだと思っています。

自分が独断で断薬しておいてなんですが^^;

一方で、抗うつ薬の服用と同時に、生活療法や運動療法を並行して行うことが大切でしょう。

早寝早起きを心がけたり、毎日ちょっとずつでも散歩などの運動をすることは、抗うつ薬を服用するのと同程度の効果があるともいわれています。

うつ病の症状が重度の時は、とにかく休養することを最優先すべきですが、状態が良くなってきたら、生活を整えたり、運動することによって、うつの状態がさらに良くなってくるでしょう。

現在僕は、サインバルタを断薬して体調が良くなってきたので、うつ病に関する情報や自分の体験談を発信することで、少しでも世の中の為になれればいいなという思いで行動をしています。

スポンサーリンク