• うつ病

僕は2020年の2月上旬から、抗うつ薬のサインバルタを約2カ月間服用していました。

サインバルタはうつ病・うつ状態の症状を改善する薬(SNRI)です。

セロトニンとノルアドレナリンに働き、気持ちが落ち着かない、やる気がでない、気分が沈むなどのうつ病・うつ状態の症状を改善する作用があるといわれています。

僕がサインバルタの服用を開始したのは、2020年の2月上旬からで、約2カ月後の2020年4月上旬から断薬を開始。

僕にはサインバルタ服用開始当初から、食欲不振、眠気、体のだるさなどの副作用がありました。

事前に医師や薬剤師さんから、サインバルタは最初の1~2週間は、吐き気や眠気などの副作用があらわれることがあり、多くの場合は、しばらくするとおさまるとの説明がありましたが、その通りになりました。

そして、効果があらわれるまでには、2~4週間かかるとの説明があったので、僕は副作用を我慢して服用を続けていました。

なので、毎日きっちり服用をしましたが、僕にはサインバルタという抗うつ薬を合っていなかったように思います。

サインバルタを服用していると、強い眠気や倦怠感があったり、やる気がまったく出なかったり、午前中に非常に調子が悪いなどの副作用に悩まされ続けました。

スポンサーリンク
 

サインバルタの副作用 食欲不振

僕は、抗うつ薬のサインバルタを服用開始した当初から、様々な副作用に悩まされました。

最初の副作用は、食欲不振です。

僕は基本的に良く食べるほうなのですが、まったく食欲がなくなりました。

サインバルタを服用してから、仕事が休みの日は体がだるく、何もやる気が起きなかったので、1日中ベッドで横になっていてほとんど動かなかったので、食欲がないということもありましたが、明らかに食欲は減退していました。

仕事が休みの日は、まったく何も食べる気がせずに、1日中何も食べなくても平気でした。

仕事の日は、サンドイッチやおにぎりをちょっとは食べていましたが、それでも普段に比べて明らかに食欲はありませんでした。

職場の人からも「痩せました?」なんて、何人かの方から言われたので、見た目もちょっとやつれていたのかもしれません。

断薬した現在では、食欲は元に戻ったので、食欲不振はサインバルタの副作用だったと思われます。

抗うつ薬の副作用には個人差があるので、すべての方に食欲不振の副作用が出るとは限りません。

むしろ人によって、その副作用は千差万別なのが、抗うつ薬服用の難しいところなのかもしれません。

スポンサーリンク
 

サインバルタを1日40mgに増量

サインバルタの服用は、朝食後20mgからスタートしました。

副作用に苦しみながら、我慢して服用を続けました。

そして2週間後には、朝食後20mg&夕食後20mgの1日40mgに増量。

40mgに増量しても副作用はおさまらず、鬱の症状は改善する気配をみせませんでした。

食欲はやや出てきましたが、日中の強烈な眠さやだるさがあり、仕事が休みの日は1日中ベッドで寝たきりという状態でした。

仕事に行くのも、通勤するだけで、かなりの精神的ストレスがあり、職場についた時には、すでにぐったりしていました。

仕事をしていても、頭はまったく回らず、人と話すのも苦痛で、とにかく一刻でも早く帰宅して、ベッドに横になりたいとそればかり考えていました。

特に朝起きてから午前中にかけては非常に調子が悪く、強い倦怠感に襲われ、何もやる気がおきませんでした。

その他の僕が感じたサインバルタの副作用として排尿困難と体のぴくつきというものがあります。

サインバルタを服用してから、どことなく尿が出づらくなるという排尿障害を感じるようになりました。

特に痛みなどはなかったのですが、排尿困難になるというのは、ちょっと精神的に不安になるものがありました。

体のぴくつきというのは、夜寝ている時に体がぴくっぴくっと痙攣したような感じになり目が覚めることがよくありました。

こちらも特に痛みなどはなかったのですが、自分の意志とは無関係に体がぴくぴく動くというのも、精神的に不安になりました。

この頃から、自分にはサインバルタという抗うつ薬は合っていないのではないかという疑念があり、1日の服用を最大量の60mgにするのをちょっとためらってしまいました。

結局1日40mgで1カ月様子をみて、その後、1日60mgに変更することにしました。

サインバルタの自己判断での断薬は危険

僕は結局、サインバルタを1日20mgで2週間→40mgで1カ月→60mgで2週間服用しました。

朝食後に30mg&夕食後に30mgの1日60mgにしても、相変わらず僕の鬱の状態は良くなりませんでした。

朝起きてから午前中はとても調子が悪く、日中も強い眠気と倦怠感がありました。

精神的にも不安感が強く、マイナス思考もおさまりませんでした。

そして、僕はサインバルタという抗うつ薬は自分には合っていないのではないかと思い、自己判断で断薬することを決意しました。

サインバルタに限らず、抗うつ薬は自己判断で断薬したりすると、シャンビリ感などの離脱症状が起こるという話は調べていたので、ある程度の離脱症状は覚悟していました。

しかし、実際に断薬してみると、僕の場合には、特に強い離脱症状はありませんでした。

むしろ断薬したことによって、強い眠気や倦怠感がおさまり、やる気もちょっとずつ出てきました。

精神的にも不安感は少なくなり、マイナス思考もなくなっていきました。

結果的に自己判断でサインバルタを断薬したことは成功しましたが、人にはおすすめすることはできません。

抗うつ薬を自己判断で断薬したことによって、鬱の状態がかなり悪くなったという話もよく聞きますし、その抗うつ薬が合うか合わないかは、人によって千差万別だからです。

個人的には、抗うつ薬で症状をおさえながら、運動療法をしたりカウンセリングをしたりなどの根治療法をして、徐々に減薬していく方法が良いと思っています。

スポンサーリンク