カテゴリー:話題の商品
ホームPage 1 / 11

牛丼チェーンの吉野家は、新メニューである「裏牛丼」全4種類を、9月8日(火)から発売しています。

今回発売された裏牛丼は、2020年7月3日(金)から7月10日(金)にかけて、全店舗従業員2万人以上に対して吉野家が行った、「まかない牛丼」調査を元に考案されました。

調査は、社内アンケートシステムを利用したWEB回答によって行われ、10代から60代の従業員、合計3,149人が回答。

質問内容は、「まかないで牛丼を食べる際、備え付けの生姜や七味以外で好きなトッピングは何か?」
「好きな牛丼のたれの量」「まかない牛丼の食べ方、食べ順、こだわり(自由回答)」の3つ。

調査によると、「好きなトッピング」は、1位が「ねぎ玉子」、2位が「チーズ」、3位が「半熟玉子」の順だったそうです。

今日は、その裏牛丼のメニューの1つである「アボチー牛丼」(598円・税別)を食べてきました。

「アボチー牛丼」は、牛丼の並盛に、アボカドとチーズをのせたメニュー。

アボカドとチーズが牛丼と相性良くまとまっていて、独特のコクと風味を味わえるとの事。

牛肉の下にチーズを移動させると、チーズをより溶かした食べ方もできます。

スポンサーリンク
 

実際に裏牛丼の「アボチー牛丼」を食べてみた感想

吉野家のお店で「アボチー牛丼」を注文すると、店員さんに、おみそ汁も勧められたので、一緒に注文しました。

そして、実際に運ばれてきたアボチー牛丼を食べてみると、正直個人的には、アボカドが浮いてしまっているように思いました。

チーズ牛丼にアボカドが乗っているという感じで、あまり相性が良いとは思えませんでした。

ネットの口コミでは、サイコロ状のアボカドと牛肉の相性が良く、牛肉が大トロ状態になったような贅沢な食感であるというようなものがありましたが、個人的にはとてもそうは思えませんでした。

また、アボチー牛丼を頼んで、税込657円を支払うのであれば、牛丼(並)387円+エビアボカドサラダ217円+チーズ112円を頼んで自分でトッピングして、税込716円支払った方が、お得感があるかもという意見には、ちょっと共感できるものがありました。

やはり個人的には、アボチー牛丼単品で、税込657円というお値段が気になりました。

朝定食のハムエッグ納豆定食が、税込404円であることを考えると、コスパの面でちょっと疑問が残りました。

とはいえ、裏牛丼の残りのメニューである、肉だく胡麻ドレ牛丼(税込・570円)、おしんこ月見つゆぬき牛丼(税込・570円)、ネバとろ牛丼(税込・657円)も機会があったら試してみたいと思いました。

スポンサーリンク
 

今日の朝食は、牛丼チェーン「松屋」の選べる小鉢付き「味噌漬けトンテキ丼」にすることにしました。

味噌漬けトンテキ丼は、本日9月8日(火)の10時から販売が開始されました。

豚ロース肉に松屋特製味噌ダレを染み込ませ、鉄板で焼き上げたステーキ2枚分をカットしてのせたメニュー。

ピリッと辛い「キムチ」、または「とろろ」の小鉢のどちらかを選ぶことができます。

新発売を記念して、「味噌漬けトンテキ丼」「味噌漬けトンテキ丼生野菜セット」を注文した人を対象に、9月22日(火)午前10時までライス大盛が無料サービスされます。

味噌漬けトンテキ丼(みそ汁、キムチまたはとろろ付)が730円。

味噌漬けトンテキ丼生野菜セット(みそ汁、キムチまたはとろろ、生野菜付)が830円となっています。(各税込)

スポンサーリンク
 

【松屋】本日発売 味噌漬けトンテキ丼を実際に注文

近所にある松屋に行ってみると、先客はお一人。

その方も、本日発売である味噌漬けトンテキ丼を注文されていました。

僕も味噌漬けトンテキ丼(小鉢はとろろを選択)の食券を券売機で購入。

1食で730円というお値段は、僕にとってなかなかのお値段ですが、タイミングも良かったので思い切って注文してみました。

ダイエットしなければならないのですが、ライスは大盛を選択してしまいました^^;

待つこと5分ほど。

トンテキは2枚のせで、ボリューム満点の逸品とのふれこみだったので、ちょっと期待していたのですが、実物を見た時には、正直ボリューム満点というほどではないなぁという印象でした。

豚肉の厚みは1センチ弱くらいでしょうか。

特製味噌ダレがたっぷりしみ込んだ豚ロース肉は確かに柔らかく、濃いめの味付けは僕好みでしたのでご飯が進み、すぐに完食してしまいました。

個人的な満足度は、星5つ評価で星3つといったところでした。

やはり730円というお値段は、個人的になかなか厳しい感じです。

これで650円以下であれば、満足できたかもしれません。

キムチかとろろの選べる小鉢が、アクセントになって良いという方も多いかもしれません。

しかし僕的には、小鉢はいらないので、お値段をもう少し安くしてほしかったなと思いました。

それと、ボリュームに関しても少し不満が残りました。

ボリューム満点の逸品とのふれこみでしたが、個人的には、もう少し量がほしかったところです。

今後もリピートするかというと、ちょっと躊躇してしまう感じでした。

今回は、少し辛口採点になってしまいましたが、新商品をバンバン出してくれる松屋さんはスゴイと思っています。

スポンサーリンク
 

今日の午後1時から放送されたTBSラジオ「たまむすび」で、無印良品で発売された「コオロギせんべい」が話題の商品として取り上げられました。

本日の「たまむすび」は、赤江珠緒さんと博多大吉さんのコンビでしたが、「コオロギせんべい」の話題が出たのは、午後3時台。

名誉東大王でクイズ王の伊沢拓司(いざわ・たくし)さんが気になる話題をピックアップしてクイズ形式で紹介する「そんなことよりモンダイです!」のコーナーでした。

伊沢さんが気になる話題として取り上げた事の1つに、無印良品からネットショップ限定で、5月20日(水)に先行販売された「コオロギせんべい」がありました。

「コオロギせんべい」は、数量限定で販売されましたが、即日完売してしまいました。

一見エビせんべいに見え、パッケージにも「エビのような香ばしい風味が特徴です」と記載されています。

「フタホシコオロギ」という熱帯性のコオロギをパウダー状にしてせんべいに練りこみ、コオロギの味を活かすために余計な原料を使わずシンプルな配合にしたことで、エビに近い香ばしい風味を楽しめるようです。

確かに画像を見てみると、見た目もエビせんべいのような感じなので、意外と抵抗感なく食べられそうな感じです。

スポンサーリンク
 

国内外で注目されるコオロギ食

「コオロギせんべい」は、無印良品と昆虫食研究の最先端を走っている徳島大学によって共同開発されました。

FAO(国連食糧農業機関)でも、栄養価が高く環境への負荷も少ないという理由で、家畜の代替として昆虫食を推奨しています。

昆虫は主な動物性たんぱく資源の家畜に比べ、主要な栄養素を多く体内に含むため、栄養素を効率よく摂取することができます。

そして、生育する際の温室効果ガス排出量や、必要な水やエサの量が圧倒的に少なく、環境負荷も軽減されるとしています。

昆虫食のなかでも、飼育しやすく効率的に生産できるコオロギは食用に適しているため、国内外で注目されています。

世界の急激な人口増による、今後の食糧確保と環境問題などの課題から注目される昆虫食。

番組内で、名誉東大王でクイズ王の伊沢拓司さんは、色々な昆虫を食べたことがあると語っていました。

ミルワーム、コオロギ、イモ虫、蚕、イナゴ、蜂の子などなど。

その中で、最も不評だったのが、ゲンゴロウの素揚げで、臭いが強く、かなり固いのがダメだったそうです。

一方で、美味しいと思ったのがセミやタガメで、パリパリした食感が良かったそうです。

最近はラジオなどでも、昆虫食の話題について耳にする機会があります。

今後の食料危機を昆虫食が救う日がくるのかもしれませんね。

スポンサーリンク
 

ホームPage 1 / 11