• うつ病

昨日は体調が悪く、結局ブログ記事を1記事更新した時以外は、ほとんど横になってしまっていました。

今日も朝目が覚めると、相変わらず具合が悪かったです。

それでも体調は昨日よりも幾分かはマシだったので、図書館に本を返却に行こうと思いました。

しかし、ベッドから起き上がって窓の外を見てみると雨模様。

雨が降っているという事で、あっさりと心が折れてしまい、図書館に本を返却に行くの断念し、先延ばしにしてしまいました。

今日は外出するのを諦めて、1日中家の中に閉じこもっていることにしました。

そして、Twitterのタイムラインを眺めていると、雨降りの為、うつ病の状態が悪化したというツイートがちらほら見られました。

中には、梅雨の時期は調子が悪くなり、うつ病と不安神経症の症状が出ているという、自分と同じような境遇の方もいて、調子が悪くなっているのは自分だけではないんだと思い、ちょっと気持ちが軽くなりました。

よく考えてみると、ここ最近は、雨降りの日やその前日にうつ病が悪化することが多かったような気がします。

色々とやらなくてはならない事が山積みなのですが、どうやっても気合が入らないので、自分ができる範囲の事をゆっくりでもいいので、1つずつこなしていこうと思います。

スポンサーリンク
 

梅雨になると、うつ病の症状が悪化する

梅雨になると、うつ病の症状が悪化するという方も多いと思います。

梅雨時には、気圧や温度、湿度が激しく変化するので、人体が様々な影響を受けるといわれています。

80%を超える湿度がもたらす不快感、急激な気圧の変化による自律神経の乱れ。

日照時間の減少により、睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌量の低下と、それがもたらす睡眠障害。

同じく日照時間不足による、神経伝達物質「セロトニン」の減少が引き起こす感情の乱れ。

確かに、僕は普段から自律神経の乱れや睡眠障害がありますが、梅雨時期はさらに症状が重くなっている気がします。

梅雨時期のうつ症状の悪化を防ぐ過ごし方について調べてみると、運動をする、意識的に規則正しい生活を送る、部屋を清潔に保つという事が挙げられていました。

自分的にも、体を動かしたいという思いや、部屋の掃除をしたいという思いがあります。

何とか本日のノルマであるブログ記事1記事更新ができそうなので、終わったら運動か掃除からマイペースで始めたいと思います。

明日、明後日は仕事があるのですが、明日もちょっと天気が悪そうですね。

無理せずにマイペースで、ゆったりと行動していきたいと思います。

スポンサーリンク