タグ:人間関係
ホームPage 1 / 11

うつ病が悪化した為、5月25日(月)から毎日続けていた、当ブログの記事更新を7月24日(金)でストップさせてしまいました。

500文字程度でもよいので、何とか記事投稿をしようと思ったのですが、7月25日(土)は、どうしても行動する気力がありませんでした。

朝からずっと横になっていて、思考もかなりネガティブになってしまい、最悪、もう仕事をする事ができないかもしれないというような状態で、退職することになるかもしれないというくらい思いつめてしまいました。

翌日の7月26日(日)も、状態は相変わらずで、27日(月)からの3連勤には、とても耐えられないという感じでした。

そんな僕を救ってくれたのは、父親の言葉でした。

朝からずっと寝たきりで、もう仕事に行くことができそうもないと思っていた僕は、父親に「こんな息子でごめんなさい」と言いました。

すると父親は、「お前が悪くない。親が悪いんだよ。親が世間知らずだった。」と言ってくれました。

今まで散々、両親に迷惑をかけてしまって、常に自責の念にとらわれていた僕は、父親のこの一言で救われました。

そして、しばらく涙が止まりませんでした。

スポンサーリンク
 

父親の一言で、少しうつの状態が回復

父親の一言で、少しうつ病の状態が回復した僕は、何とか27日(月)に職場に向かいました。

そして、今回のうつ悪化の原因となった、職場の同僚との関係性の改善に努めました。

本当は、その人の顔も見たくないし、話のしたくないし、できれば関わりたくないのですが、ここで仕事を辞めてしまう訳にはいかないので、何とか我慢して会話をしました。

27日、28日、29日の3連勤は、苦手な人との関係性や、うつの方もまだあまり状態が良くなかったので、精神的にも肉体的にも、かなりきつかったです。

しかし、心が挫けそうになる度に、両親の事を思い出して、気持ちを奮い立たせていました。

3連勤が終わった時には、かなり疲労していましたが、何とか乗り切る事ができました。

そして、今日はうつの状態も、やや回復してきたので、再びブログを書くことができるようになりました。

毎日のブログ記事投稿は途絶えてしまいましたが、今後もこちらのブログ記事投稿は続けていこうと思います。

むしろ「毎日、1記事投稿しなければいけない」という事が、プレッシャーになっていたようなところもあるので、もう少し肩の力を抜いて、楽しみながら記事投稿を継続していきたいです。

まだあまり無理する事はできませんが、できる範囲の事を1つずつこなしていこうと思います。

スポンサーリンク
 

昨日は、職場で一緒に働いている人と何だかんだトラブってしまい、ぐったりして帰宅しました。

以前から自分とは、ちょっと合わないなと思っている人なので、僕的には色々と気を使っているつもりなのですが、どうにもうまくいきません。

僕は対人関係でトラブってしまうと、うつの状態が悪化してしまうので、できるだけ人とはもめたくないと思っています。

なので、職場ではあまり人と話さないようにしているのですが、それがあまり良くないのかもしれません。

関係性がトラブったまま帰宅したので、昨晩はその事ばかり考えてしまい、よく眠れませんでした。

今日は、仕事が休みだったのですが、朝になってもベッドに横になったまま起き上がれず、ここ最近回復傾向であったうつの状態も悪化してしまいました。

今日も色々と行動をしたかったのですが、午前中は気分の落ち込みがひどく、行動するのを諦めて、横になってテレビを観たり、ラジオを聴いたりしていました。

午後になったらお昼ごはんを食べて、ブログ記事を書こうと思ったのですが、食欲もなく、気力もなくで、起き上がれません。

あまりにも調子が悪いので、今日はブログ記事の更新をするのを諦めそうになってしまいました。

スポンサーリンク
 

ブログ記事更新を諦めそうになる

しかし、具合が悪いからといって、今日ブログ記事の更新をしなかった場合、明日もあさっても更新せずにズルズルいってしまいそうだなと思いました。

なので、500文字でもいいので、何とかブログ記事を更新しようと思い、午後4時頃になって起き上がり、ブログ記事を書き始めました。

書き始めてみると、少しだけ気分が良くなり、何とか記事更新ができそうな気がしてきました。

それでも頭の中は、昨日の職場においての人間関係トラブルの事ばかり考えてしまっています。

昨日の事を色々と振り返ってみると、僕にはまったく悪気はありませんでした。

しかし、相手の事を変えることはできないので、関係性を修復するには、僕の方が変わらなければならないなと思いました。

対人関係でトラブって、うつを悪化させて、翌日ずっと寝たきり状態になってしまっていては、貴重な時間を無駄にしてしまうので、これ以上関係性を悪化させないように、気をつけていきたいと思います。

また、僕は過去、様々な職場を転々としてきたのですが、不思議な事に、どこの職場にいっても気が合わないなとか、苦手だなという人が、かならず1人はいます。

気が合わない、苦手な人が1人もいないという職場で働いた経験は、今まで1度もありません。

この事が何を意味しているのかは、僕にはまだまだ理解できないのかもしれません。

これにも何か意味があると思って、これ以上関係性を悪化させないように、気をつけていきたいと思います。

スポンサーリンク
 

日本におけるうつ病の患者数は、現在100万人を超えています。

うつ病は、誰でもかかる可能性がある身近な病気です。

そんなうつ病になってしまう人の特徴の1つとして、「頑張りすぎてしまう」という事があります。

実際、僕も何事にも頑張ってしまうという傾向があります。

人と会話をしていても、ついつい「頑張ります!」という言葉を発してしまいます。

言葉というのは、普段頭で考えていることが、ついつい口に出てしまうので、つねに「頑張る思考」なのでしょう^^;

幼い頃から、何事にも頑張ってしまう性格でしたが、ひどいうつ病を経験してから、あまり踏ん張りがきかなくなりました。

ちょっと頑張ってしまうと、すぐにエネルギー残量がゼロになり、調子が悪くなってしまうのです。

すぐにエネルギー残量がなくなってしまうことは自覚しているのですが、ちょっと調子が良くなるとすぐに頑張ってしまいます。

そして、すこし休養して、またエネルギーを回復させるという事を繰り返しています。

スポンサーリンク
 

僕が頑張りすぎてしまう理由

なぜ自分が頑張り過ぎてしまうのか考えた時に、僕は周囲からの評価を気にしすぎてしまっているのかなと思います。

すぐに格好つけてしまって、必要以上に自分を良く見せようとしてしまいます。

本当は、ありのままの自分をさらけ出せばよいのに、少しでも良く見せようとして必要以上に頑張ってしまうのかもしれません。

自分を実体以上によく見せようとするのは、結構、精神的に疲れるものです。

そのため、精神エネルギーを消耗してしまうのだと思います。

また、人から何か頼まれごとをされると、なかなか断ることができない傾向があります。

本当はやりたくないことでも、相手から良く思われたいがために、引き受けてしまう。

その結果、無理をして消耗してしまう事が多いです。

本当は気が乗らない事は、きっぱりと断りたいところです。

このように、必要以上に自分を良く見せようとする→頑張る→精神エネルギーを消耗するというパターンが多いです。

1人で抱え込んで悩んでしまう

他にも、僕が頑張りすぎてしまう理由として、「人を頼るのが苦手」「人に相談できない」「1人で抱え込んでしまう」というような傾向があります。

自分の事をさらけ出すことがあまり好きではない僕は、人に相談するという事が苦手です。

人に相談するという事が、どこかちょっと格好悪いと思っているのかもしれません。

しかし、このような考え方は精神衛生上、あまり良くない事だと思います。

信頼できる友人がいないという事もありますが、そのような友人が1人でもいれば、メンタル疾患になるのは避けられるのかなとも思います。

人に相談するくらいなら、自分1人で抱え込んで、なんとか我慢する。

そのような精神構造によって、ついつい頑張りすぎてしまうのかもしれません。

スポンサーリンク
 

うつ病の人に頑張れと言ってはいけない理由

巷では「うつ病の人に頑張れと言ってはいけない」とよくいわれます。

実際に自分がうつ病になるとわかるのですが、うつ状態になると「頑張りたくても、頑張れない」状態になります。

しかし、自分ではもっと頑張らないといけないという思いは持っているんですね。

そのような状態で、「頑張って」と言われると、うつ病の当事者にとっては、かなり苦しい気持ちになってしまいます。

何度もうつ状態→回復→うつ状態→回復という事を繰り返していると、自分が無理がきかない事がわかってきます。

1度、うつ病などのメンタル疾患になってしまうと、精神のエネルギータンクが小さくなってしまうのです。

そのようになってしまった事を憂いていても仕方がないので、そのようになってしまった自分を受け入れていくしかありません。

しかし、僕はうつ状態から回復して、元気が出てくるとついつい必要以上に無理して頑張ってしまい、また精神エネルギーを枯渇させてしまうということを繰り返してしまっています。

また僕がうつ病を再発させてしまう原因は、人間関係によるものが多いのですが、そこには必要以上に自分を良く見せようとして、頑張ってしまう自分がいるのかもしれません。

頑張らないようにするためのコツ

1度うつ病になってしまったら、自分の精神のエネルギータンクが小さくなってしまっている事を常に自覚していなければならないと思います。

なので、実態よりも自分を良く見せようとするような事は避け、必要以上に頑張らないようにする事が大切です。

そのあたりの考え方・行動の癖を治していかないと、ちょっとしたきっかけで、一気にエネルギー残量がゼロになってしまい、ズドーンと落ち込むということになってしまうでしょう。

自分はそのような傾向があるという事を受け入れ、ついついアレコレと手を出してしまいがちですが、本当に自分がやるべき事をしっかりと選択し、集中することがうつ病を再発させないコツなのかもしれません。

元気になると、ついつい自分のそのような傾向を忘れて調子に乗ってしまいますが、自分はエネルギーを消耗しやすい人間なんだという自覚をしっかりと持って、頑張り過ぎないようにしていきたいと思います。

スポンサーリンク
 

僕が初めてうつ病を発症したのは、新卒で入社した会社での人間関係がきっかけでした。

その職場では、長時間労働が当たり前で、深夜の2時、3時に帰宅して、また翌日に朝から仕事という事が日常でした。

そもそも睡眠の質が悪い僕は、この長時間労働による睡眠不足の日々で、体調をどんどん悪化させていました。

体調は悪いながらも、何とか社会人として頑張らなければと、毎日気力を振り絞って仕事をしていました。

寝不足でほとんど頭が回らず、仕事でもミスを連発していました。

そしてある日、人事異動があり、よく面倒を見てくれた先輩が職場から去り、自分と合わない人が2人入ってきました。

今から思うと、連日の睡眠不足で思考能力がなくなっていたところで、色々とフォローしてくれていた先輩が異動。

そして、どうも自分とは反りが合わない感じの2人と一緒に仕事をすることになりました。

その自分とは合わない2人との人間関係に悩み、僕は初めてうつ病を発症してしまいました。

今から思うと、当時はうつ病ということすらよくわかっていなかったと思います。

世の中的にも、今ほどうつ病という病気が認知されていなかったように記憶しています。

そんな中、僕はうつ病を発症してしまいました。

一人暮らしをしていた部屋のベッドから起き上がれなくなり、仕事にも行けなくなってしまいました。

スポンサーリンク
 

精神的に壊れて仕事に行けなくなる

当時はうつ病という病気に関して、あまりにも無知でした。

そして、自分が精神的に壊れてしまって仕事に行けなくなり、毎日1日中、ベッドに横になっていなければならない事を受け入れることができませんでした。

自分は心身ともに疲れてしまっただけで、精神病などではない。

しかし、現実にはもう仕事に行くことができずに、おそらく会社を辞めることになるだろうという思いがありました。

有給休暇を消化しながら、自宅療養の日々。

僕のうつ病は回復するどころか、ますます悪化していきました。

そして、僕は仕事を辞めることを決断しました。

当時は会社の寮で暮らしていたので、会社を辞めると退去しなければなりません。

僕は実家に戻って、うつ病の治療に専念することにしました。

大学を卒業してから、実家を出て会社の寮で一人暮らしをしていた息子の突然会社を辞めて実家に戻る宣言に、両親は少し驚いたようですが、ほとんど何も言わずに了承してくれました。

当時はうつの状態が最悪だったので、自分で家事などはすることができず、実家がなかったらどうなっていたか、考えると恐ろしいです。

スポンサーリンク
 

うつ病で会社を辞める決断をする

うつ病を発症し、有給休暇を消化しながら自宅療養していましたが、この会社で今後も働き続けるのは無理と判断した僕は、会社をやめる決断をしました。

その時に、会社の総務の方から「傷病手当金の申請をされますか?」みたいな提案があったのですが、僕は自分がうつ病になってしまったことが恥ずかしかったのか、この提案を断ってしまいました。

今から思えば、素直に自分が精神疾患になってしまったことを認めて、傷病手当金の制度などを活用すればよかったと後悔しています。

それに加えて、僕はうつ病という病気をちょっと軽くみていたところがあって、仕事を辞めて1、2カ月くらい休養すれば、完治するだろうという程度に考えていました。

実際には、うつ病が良くなって、仕事ができるようになるまで、1年以上かかってしまいました。

うつ病などの精神疾患になってしまった場合、傷病手当金などの利用できる制度には、できるだけお世話になったほうが良いと今は考えています。

しかし、やはり当時の僕には、精神病になってしまった自分が恥ずかしい、許せない、格好悪いというような考えがあったと思います。

うつ病発症の原因は、職場の人間関係

僕が初めてうつ病を発症したのは、25歳の時。

それからうつ病発症→回復→うつ病発症→回復を繰り返してきました。

うつ病という病気は、1度発症してしまうと、その後再発しやすくなってしまうという話を聞いたことがあります。

残念ながら、僕にはそれがピッタリと当てはまり、ちょっと無理が続くと、うつ病が再発してしまうという傾向があります。

嘆いていても仕方がないので、このうつ病という病気を抱えて生きていかなければなりません。

このブログは、現在同じようにうつ病や双極性障害(躁うつ病)、統合失調症などの精神疾患で苦しんでいる方々にとって、少しでもお役に立てればいいなという目的で立ち上げました。

またブログを書くことで、自分自身を客観視できるようになり、うつ病の改善に何らかの効果があるのではないかと思いました。

直近では、2020年2月の中旬頃にうつの状態が悪化し、ほとんど1日中寝たきり状態になってしまいました。

その後回復し、現在では、ブログ記事を投稿するところまで回復しています。

今回もうつ病が悪化してしまったのは、職場の人間関係がきっかけでした。

自分のうつ病が発症して悪化してしまう主な原因は、職場の人間関係がきっかけである場合がほとんどです。

できるだけ人と関わらずに生きていきたいという思いもありますが、それはなかなか難しい話かもしれませんね^^;

スポンサーリンク
 

  • うつ病

職場の人間関係というのは、本当にめんどくさい。

現在は、うつ病の状態があまり良くないので、さらに面倒に感じます。

僕がやっている仕事は、肉体的にも精神的にもかなり楽な仕事なのですが、それでも人間関係は面倒です。

僕は、うつの症状が出ている時は、なるべく人と接したくなくなります。

できれば1日中誰とも話したくないくらいですが、職場ではなかなかそういう訳にはいきません。

昨日も仕事だったのですが、朝から人間関係で色々とあって、仕事が終わる頃には、かなり疲れてしまいました。

そして今日になっても、昨日の事を色々と思い出してしまって、テンションが下がってしまって、うんざりしています。

そもそも、僕が職場の人間関係でめんどくさいと思う人は、感情的になる人と我が強い人です。

一緒に働いていて、ちょっとした事で感情的になる人がいますが、本当にうんざりしてしまいます。

僕自身が性格的に温厚で、ちょっとした事では怒ったりするタイプではないので、大した事でもないのに怒ったりする人というのは、個人的にかなり苦手です。

同僚でそのようなタイプの人がいて、ちょっとした事で不機嫌になる人がいるのですが、本当にめんどくさい人だなと思い、いちいち疲れてしまいます。

スポンサーリンク
 

淡々と自分の仕事をやっていくだけ

そして我が強い人。

職場において、それぞれが自分のやりたいように行動してしまったら収集がつかなくなってしまいます。

なので、ある程度はお互いに我慢すべきところは我慢しなければならないのではないかと思います。

しかし、昨日の職場では、自分の意見を押し付けてくるような事があって、とてもめんどくさかったです。

できれば自分を巻き込まないでほしいと思ってしまいました。

僕は職場では、いちいち感情的にならずに、淡々と自分がやるべき仕事をこなしていけばいいのではないかと思っています。

けれども人によっては、周りの人からこういう風に思われたいみたいな感情を持っているので、それでおかしな事になってしまっているのかもしれません。

ただそうはいっても、相手を変えようとしても無理だし、それこそ喧嘩になってしまうので、できるだけ職場では、自分の方からは接触しないようにしていきたいと思います。

自分がやるべき事を黙々と、仕事だと割り切って感情的にならずに淡々とこなしていこうと思います。

仕事が休みの日にまで、職場でのいざこざに頭を悩ませているのは、本当に馬鹿らしくなってしまいます。

プライベートの時間を一番大事にしていきたいと思っています。

スポンサーリンク
 

  • うつ病

今日は朝8時頃に目が覚めたのですが、相変わらず寝起きは具合が悪いです。

10時頃になるまで、横になってダラダラしていました。

頭の中では、昨日の職場での対人関係について、ぐるぐると考え続けていました。

昨日は特に職場での人間関係でショッキングな事があったわけではないのですが、自分は本当に対人関係が下手くそだなと思います。

現在はうつ病の症状が出ていて、とても疲れやすくなっているので、あまり人と会話したくないというのもあるのですが、どうにも人とうまく会話ができません。

その昨日のうまくできなかった人間関係について、今日になってもうじうじ、ぐるぐる考え続けています。

そのうち、過去に職場の人間関係で受けたショックな事を思い出して、さらに気分が滅入ってしまいました。

今から数年前に心の傷を受けた他人の発言を今でも覚えていて、気分を滅入らせているのだから疲れてしまいます。

とっとと忘れてしまいたいのですが、何かあると過去の記憶がフラッシュバックしてしまいます。

職場での対人関係が苦手な僕ですが、原因は相手に変な人だと思われたくないとか、相手の気持ちを裏読みしてしまうところがあるからかもしれません。

また、現在はうつ病やら借金やらで、本当は誰かに助けてほしいと思っているのに、職場ではそのような気持ちを我慢しているから、うまく言葉が出てこないのかもしれません。

スポンサーリンク
 

うつ病の原因で多いのは、職場の人間関係?

最近はTwitterで、うつ病などの精神疾患を抱えている方のツイートを見させていただくことが多いのですが、若い女の子が精神疾患で苦しんでいるのを目の当たりにすると、本当に可哀想に思ってしまいます。

かといって、自分がうつ病が苦しんでいる状況なので、何をしてあげることもできずに、リプなどを送ったりすることもできません。

うつ病などの精神疾患で苦しんでいる方の原因は、やはり職場での人間関係が多いように思います。

僕は現在40代になってしまいましたが、どのような職場で、どのような仕事をするかというのはとても大切だと、今更ながら思います。

僕が就職活動をしていた時は、ちょうど就職氷河期といわれていて、自分自身もあまり真剣に就職ということを考えていませんでした。

その結果、うつ病を発症してしまい、それ以降まともな職に就くことができずに、現在では借金まで抱えてしまっています。

もっと真剣に就職ということを考えて、色々と努力していたら、別の人生があったのかもしれません。

こんな事をいくら考えても、時間は巻き戻せないので仕方がないですね。

これからできる事について、前向きに考えていくようにします。

スポンサーリンク
 

ホームPage 1 / 11