• うつ病

YouTubeでうつ病について色々と検索していた時に、興味深い動画がありました。

緩消法(かんしょうほう)という治療法の普及を行っている坂戸孝志(さかと・たかし)さんの動画です。

 

この動画で坂戸さんは、うつ病の原因は精神的ストレスではなく、脳に血液がいっていないからと主張されています。

脳に血液がいかないのは、首の筋肉が硬くなっていて、血液の流れを悪くしているとの事です。

具体的には、頭部および頸部の主要な血管の一つである内頸動脈(ないけいどうみゃく)のまわりの筋肉が硬くなっているそうです。

うつ病になる人は、脳の前頭葉への血流が悪いという説もありますが、個人的には、うつ病の人は首の筋肉が硬くなっていて、脳への血行が悪くなっているという説には、納得できるところがあります。

坂戸先生は、うつ病の人は首の筋肉が硬すぎてパンパンになっているとおっしゃっています。

僕もうつ病になる前から肩こりがひどく、うつ病治療中の現在は、首、肩、背中の筋肉が硬くなってパンパンに張っています。

特に、首と肩の内側のインナーマッスルがガチガチに硬くなっています。

確かに、この首と肩の筋肉が緩んでやわらかくなれば、うつ病の症状も改善するような気がしています。

スポンサーリンク
 

首の筋肉をやわらかくするとうつ病が改善する?

僕は自分は、全体的に血行不良であると感じています。

首や肩、背中以外にも全体的に凝り性だし、冬になると冷え性でとても寒さに弱いです。

うつ病になってしまうのには様々な原因があると思いますが、血行不良というのは1つの原因であるように思えます。

現在のうつ病の治療法としては、心療内科で抗うつ薬を処方されたり、生活リズムを整えたり、散歩などの運動をすることが行われています。

また、カウンセリングや認知行動療法などの方法もあります。

しかし、これらの治療法を行っても、うつ病の症状がなかなか改善しない場合も多いのではないでしょうか。

もしかしたら、首の筋肉をやわらかくすることで、うつ病の症状が改善するという事もあるかもしれませんね。

緩消法の施術を受けたり、体験するには、緩消法の認定技術者がいる治療院で受けられます。

僕は、個人的にとても素晴らしい治療法だと思っているので、ぜひこの治療法が広まってくれればいいなと思っています。

僕自身が、経済的にも時間的にも余裕があれば、緩消法をマスターするために、学習会などに参加したりしたいという希望もあります。

緩消法のやり方などについては、YouTubeに様々な動画がアップロードされていますが、やはり実際に直接指導していただかないと、なかなかマスターするのは難しいのかなという感じです。

スポンサーリンク