今日も相変わらずうつの状態が悪く、朝からずっとベッドに横になってテレビの音声を聴いたり、ラジオを聴いたりしていました。

うつの状態は、昨日よりもさらに悪くなっている感じです。

ベッドから起き上がる事もできず、頭の中ではネガティブな事ばかり考えてしまいます。

テレビやラジオから流れてくるネガティブなニュースを耳にすると、ものすごく心が苦しくなります。

そして、やはり考えてしまうのは、職場における人間関係のトラブルの事です。

昨日から、その事ばかりぐるぐるぐるぐる考えてしまいます。

考えれば考えるほど、気分が落ち込み、食欲もなく、貴重な時間だけがどんどん過ぎ去っていきます。

このままではいけないと思い、午後3時頃になって、ようやくパソコンを開いて、ブログ記事を書き始める事ができました。

そして、今回の職場における人間関係のトラブルの原因について考えてみると、僕は普段から地獄言葉ばかり言っていることに思い至りました。

地獄言葉とは、斉藤一人さんの教えの中によく出てくる、不平不満や愚痴、泣き言、悪口、文句などのネガティブな言葉の事です。

このような言葉を使っていると、もう一度その言葉を言わなければならない事が起こってしまうそうです。

不平不満や愚痴ばかり言っていると、不幸になるような出来事を引き寄せてしまうという事ですね。

スポンサーリンク
 

マインドセットをいくら学んでも、実践できなければ意味がない

逆に「愛しています、ツイてる、嬉しい、楽しい、感謝しています、幸せ、ありがとう、ゆるします」という天国言葉を積極的に使っていると、不幸は去っていくそうです。

なので、幸せになりたければ、普段から地獄言葉ではなく天国言葉を使っていく必要があります。

僕は、マインドセットとしてこのような天国言葉の重要性を知っているはずなのに、実際に普段の自分の生活を振り返ってみると、地獄言葉ばかり使っている事に気が付きました。

「疲れた」「体調が悪い」「はやく仕事が終わらないかな」というような事ばかり口に出しています。

そして、ほとんど無意識に地獄言葉を使っているので、どんどんどんどん自分の潜在意識を濁らせてしまっているのでしょう。

その結果、職場の人とトラブってしまったり、うつ病が悪化してしまったりしているように思えました。

幸せになる為のマインドセットをいくら学んでみても、それを実践できずに、真逆の事をやっていたら不幸な出来事を引き寄せてしまうのは当然ですよね^^;

それに現時点で気がつけたので、今回の対人関係のトラブルは僕にとっては、ラッキーだったのかもしれません。

少しだけ、ココロが軽くなったような気がします。

スポンサーリンク