成功者の部屋といえば、物が少なく掃除が行き届いていて、綺麗であるというイメージがあります。

成功者といわれる人達は、そもそも無駄な物を買わない、もしくは手放すことを徹底しています。

逆に成功していない人は、無駄な物を買って、さらにそれを捨てないので、部屋がゴチャゴチャと散らかってしまっています。

成功していない僕は、やはりあまり必要性のないものを買ってしまったり、物を捨てるのが苦手なので、部屋には不要なものが溢れています。

物もエネルギーを発していて、僕たちは、無意識に物から影響を受けているという話もあります。

そして、無駄な物や使われていない物は、マイナスのエネルギーを発していて、人に影響を及ぼすそうです。

そして、物で溢れてゴチャゴチャとした部屋にいると、精神に悪影響を及ぼしてしまうというケースもあるといわれています。

やる気が出なかったりするのも、不要な物にエネルギーを奪われている可能性があります。

自分の人生にとって、本当に必要な物以外は、思い切って捨ててしまった方が、心身に良い影響を与えるのではないかと思います。

思い切って物を手放す=断捨離することで、快適な生活が待っているかもしれません。

スポンサーリンク
 

情報の遮断力の重要性

成功者は無駄な物を持たないというのは、物だけでなく情報に関しても同様のような気がします。

成功者は必要な情報を絞っている場合が多く、情報の遮断力があります。

一方で、僕の場合などは、できるだけ多くの情報を入手しようとします。

それが本当に今の自分にとって必要な情報なのか吟味せずに、次から次へと情報を摂取してしまいます。

その結果、自分の脳の情報処理能力を超えてしまい、頭の中がゴチャゴチャして混乱してしまっています。

そして、集中力もなくなり、やる気なども奪われてしまっているのかもしれません。

今後、結果を出していく為にも情報の遮断力を意識して、できるだけ無駄な情報を摂取しないようにしていきたいと思います。

そもそも僕はすでに40代の中年であり、うつ病も患っているので、20代30代の若い人に比べて、行動量も少ないです。

なので、アレもコレもと手を出してしまうと、全部が中途半端になってしまって、貴重な時間とお金を無駄にするだけで、何も結果を出せないという事になってしまいます。

結果を出すためには、「1点集中」する事が大切だとよくいわれます。

しかし、僕のようにアレも欲しい、コレも欲しいという貧乏マインドセットのままでは、実際に行動に移すことができません。

今後は成功者のマインドセットを学び、勇気を持って、物や情報の断捨離を実行していきたいと思います。

スポンサーリンク