子どもを1人育てる場合の教育費の平均額というのは、どのくらいなのでしょうか。

平成28年度の文部科学省による「子どもの学習費調査(塾代等の学校外教育費も含む)」から、教育費の平均額を抜粋してみます。

公立の場合は、幼稚園は68.2万円、小学校は193.4万円、中学校は143.3万円、高校は135.2万円、国立大学は242.6万円。

幼稚園から大学まで、すべて公立に通った場合の合計金額は、782.7万円となり、約800万円となります。

私立の場合は、幼稚園は144.6万円、小学校は916.5万円、中学校は398.0万円、高校は311.0万円、私立大学文系学部は242.6万円。

幼稚園から大学まで、すべて私立に通った場合の合計金額は、2,012.7万円となり、約2,000万円となります。

僕の場合は、幼稚園から中学校は公立、高校は私立で大学は私立大学の文系学部に通ったので、1,105.8万円となり、約1,100万円となります。

つまり両親は、僕の教育費に約1,100万円のお金を使ったという事になります。

なのに、僕は社会に馴染めずに、ほとんど正社員として働けずにうつ病を患い、現在は中年フリーターになってしまっています。

本当に両親には、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

スポンサーリンク
 

多額の教育費を使ったのに、中年フリーターになってしまった息子

約1,100万円の教育費を使ったのに、僕が中年フリーターになってしまった事に関して、両親が僕を責めたりしたという記憶はありません。

内心はがっかりしていると思うのですが、僕に対しては「仕方ないね」という感じで接してくれます。

両親の期待を裏切ったという事に関しては、とても自責の念が強いです。

自分なりには両親に恩返しをしたいと思って、色々と頑張ってきたつもりです。

まったく結果を出すことはできませんでしたが^^;

そして、最近世の中で実際に成功されている方のマインドセットを学んでいると、「頑張った」のがよくなかったのかもしれないと思うようになっています。

むしろ「ゆるく、楽に」考えた方が、人生はうまくいくように感じます。

「頑張ろう、頑張ろう」と思っていると、頑張らなければならない現実を引き寄せてしまうような気がします。

ずっと頑張り続けれれる人は良いのですが、僕のように頑張り続ける事ができない場合には、無理し続けていると、うつ病になどの病気になってしまいます。

なので、僕のようなタイプの人間は、ゆるく、楽に考えて、行動していく事が必要なのではないかと思います。

そのように考えて行動していくことで、両親に恩返しをする事ができるようになりたいです。

スポンサーリンク