タグ:緩消法
ホームPage 1 / 11
  • うつ病

YouTubeで、うつ病に関する動画を色々と観ていた時に、うつ病はココロの病気ではなく、脳に血液がいっていないのが原因であると主張されている方がいらっしゃいました。

2007年に緩消法(かんしょうほう)という治療法を考案し、現在普及活動を行っている坂戸孝志さんです。

坂戸さんによると、うつ病の人というのは首の筋肉が硬くなっている場合が多く、その結果、脳への血液の流れが悪くなっているとの事。

具体的には、頭部および頸部の主要な血管である内頸動脈(ないけいどうみゃく)まわりの筋肉が硬くなっているそうです。

なので、首の筋肉をやわらかくして、脳に血液がいくようにすると、うつ病が改善すると主張されています。

 

若い時から、首こりや肩こりに悩まされてきた僕にとっては、この説は的を得ているように思いました。

その後、坂戸さんが緩消法について無料で解説しているYouTube動画や著書などを購入したりして、緩消法を自分で試してみました。

しかし、どうにも緩消法のコツが掴めず難しく感じた僕は、実際に緩消法の認定技術者の方による施術を受けてみたいと思いました。

そして、緩消法の施術を体験できる、東京の日本橋にある「痛みの専門院」を予約してみました。

「痛みの専門院」で施術を受けたのは、2020年1月25日(土)の事です。

スポンサーリンク
 

日本橋の「痛みの専門院」を予約し、施術を体験してみた

「痛みの専門院」は、予約する時に「ホームページを見ました」と伝えると、初見料の3,300円が無料になり、施術料は30分で5,500円となりました。

そして、予約当日。

東京のはずれに住んでいる僕は、日本橋にある痛みの専門院に到着するまでに、なかなかの時間がかかりました^^;

しかし、自分のうつ病が改善するかもしれないという希望によって、施術を受けるのをとても楽しみにしていました。

痛みの専門院に到着すると、副院長である男性の方が対応してくれました。

そして、問診票に自分の症状について記入するようにいわれました。

僕は、今回施術をお願いした理由は、うつ病の改善である事を記入しました。

問診票を記入後、施術室に案内してもらいました。

副院長の男性の方が施術してくれるのかなと思ったのですが、実際に施術を受けたのは、緩消法の認定技術者の女性の方でした。

僕は、坂戸孝志さんのYouTube動画を観た事、うつ病を改善したくて首の筋肉の状態を診ていただきたい事などを伝えました。

そして、女性の認定技術者の方に実際に首、肩、腰の筋肉の状態を診ていただき、緩消法の施術を体験することになりました。

スポンサーリンク
 

実際に緩消法の施術を受けてみた体験談

痛みの専門院で、女性の認定技術者の方に、カラダの筋肉の状態を診てもらったところ、やはり首、肩、腰の筋肉はかなり硬くなっているとの事でした。

首こり、肩こりに関しては自覚症状はあるのですが、腰まわりの筋肉もかなり硬くなっているようです。

そして、女性技術者の方は、緩消法によって筋肉がやわらかくなっている自分の腰まわりの筋肉を試しに触らせれくれました。

本当にふにゃふにゃとしていて、自分の腰回りの筋肉と比べると、まったく違った感触でした。

その後、腰からスタートして、肩、首に緩消法の施術を行っていただきました。

緩消法の施術を実際に体験してみた感想として、思っていたよりも筋肉に与える圧力は弱いんだなと思いました。

緩消法は、500gの圧力で押すのですが、自分で動画を観ながら行っていた時は、やはり強すぎていたように感じました。

この500gの圧力のような事は、やはり実際に認定技術者の方に施術していただかないと、なかなか実感することはできないように思いました。

肝心の首まわりの筋肉ですが、やはりかなり硬直しているようです。

施術中は痛みなどはなかったのですが、自分でもかなり筋肉が硬くなっているのがわかりました。

また、施術を受けているうちに、何となくカラダがじんわりと暖かくなってくるように感じました。

首、肩、腰まわりの筋肉が緩んで、血行が改善していたのかもしれません。

そして、緩消法の施術の30分はあっという間に終了してしまいました。

いつかは緩消法をマスターしてみたい

施術終了後に、女性の認定技術者の方から、うつ病を改善させる為には、やはり3カ月から半年程度のある程度の期間通院してもらう必要があるとの事でした。

1度施術を受ければ、かなり改善するかもと甘く思っていた僕は、かなりガックリしてしました。

そしてさらに、女性の認定技術者の方は、痛みの専門院に通院するのも良いのですが、緩消法の腰痛アカデミーに入会して、緩消法を自分でできるようにマスターする事をすすめられました。

腰痛アカデミーに入会すると、緩消法をマスターするための様々なサポートがあったり、学習会に参加して指導を受けたりする事ができるようになります。

入会金は、30,000円で、月会費は1,000円です。

緩消法を動画や本などで独学で学んでみると、とても興味がある治療法です。

実際に首の筋肉を緩めることで、うつ病が治るか試してみたいという気持ちもあります。

いずれ余裕ができたら、じっくりと緩消法を学んで、マスターしたいなという思いもあります。

スポンサーリンク
 

  • うつ病

YouTubeでうつ病について色々と検索していた時に、興味深い動画がありました。

緩消法(かんしょうほう)という治療法の普及を行っている坂戸孝志(さかと・たかし)さんの動画です。

 

この動画で坂戸さんは、うつ病の原因は精神的ストレスではなく、脳に血液がいっていないからと主張されています。

脳に血液がいかないのは、首の筋肉が硬くなっていて、血液の流れを悪くしているとの事です。

具体的には、頭部および頸部の主要な血管の一つである内頸動脈(ないけいどうみゃく)のまわりの筋肉が硬くなっているそうです。

うつ病になる人は、脳の前頭葉への血流が悪いという説もありますが、個人的には、うつ病の人は首の筋肉が硬くなっていて、脳への血行が悪くなっているという説には、納得できるところがあります。

坂戸先生は、うつ病の人は首の筋肉が硬すぎてパンパンになっているとおっしゃっています。

僕もうつ病になる前から肩こりがひどく、うつ病治療中の現在は、首、肩、背中の筋肉が硬くなってパンパンに張っています。

特に、首と肩の内側のインナーマッスルがガチガチに硬くなっています。

確かに、この首と肩の筋肉が緩んでやわらかくなれば、うつ病の症状も改善するような気がしています。

スポンサーリンク
 

首の筋肉をやわらかくするとうつ病が改善する?

僕は自分は、全体的に血行不良であると感じています。

首や肩、背中以外にも全体的に凝り性だし、冬になると冷え性でとても寒さに弱いです。

うつ病になってしまうのには様々な原因があると思いますが、血行不良というのは1つの原因であるように思えます。

現在のうつ病の治療法としては、心療内科で抗うつ薬を処方されたり、生活リズムを整えたり、散歩などの運動をすることが行われています。

また、カウンセリングや認知行動療法などの方法もあります。

しかし、これらの治療法を行っても、うつ病の症状がなかなか改善しない場合も多いのではないでしょうか。

もしかしたら、首の筋肉をやわらかくすることで、うつ病の症状が改善するという事もあるかもしれませんね。

緩消法の施術を受けたり、体験するには、緩消法の認定技術者がいる治療院で受けられます。

僕は、個人的にとても素晴らしい治療法だと思っているので、ぜひこの治療法が広まってくれればいいなと思っています。

僕自身が、経済的にも時間的にも余裕があれば、緩消法をマスターするために、学習会などに参加したりしたいという希望もあります。

緩消法のやり方などについては、YouTubeに様々な動画がアップロードされていますが、やはり実際に直接指導していただかないと、なかなかマスターするのは難しいのかなという感じです。

スポンサーリンク
 

ホームPage 1 / 11