タグ:認知行動療法
ホームPage 1 / 11
  • うつ病

僕はうつ病の症状が重度になると何もすることができなくなり、1日中ほとんどベッドに横になっているという状態になってしまいます。

そしてそのような状態の時には、頭の中がネガティブ思考でいっぱいになります。

とにかく頭の中に浮かんでくる考えが、否定的な事ばかりになります。

ベッドで寝たきりで、次から次へと浮かんでくる不安や否定的な考えに、耐え続ける事しかできなくなってしまいます。

先のことばかりを考えて、失敗したらどうしよう、こんな事が起こったらどうしよう、うつ病がずっと治らなかったらどうしようと、そんな事を考えながら、絶望してしまいます。

不安感で胸が押しつぶされそうになったり、マイナス思考からずっと抜け出せなくなります。

そしてその後、うつの状態が徐々に良くなっていくのと同時に、このようなネガティブ思考や不安感は、だんだんと減っていきます。

このことからも、強い不安感やネガティブ思考というのは、うつ病の症状の1つであると捉えることができるのではないかと思います。

なので、うつの調子が良くなってくると、否定的な考えも前向きになっていき、不安な考えも減っていくことが多いです。

実際に僕の場合も、うつの状態が改善してくるのと同時に、精神的に前向きになっていきます。

スポンサーリンク
 

ネガティブ思考は、うつ病の症状の1つ

うつ病の症状が重くなってくると、強い不安感やネガティブ思考が強くなってしまいます。

この強い不安感やネガティブ思考は、うつ病の症状なので、うつ病を治す事でなくなっていきます。

うつ病を治すためにまず大切なのは、きちんと通院して服薬して薬物療法を行うことだといわれています。

それと同時に早寝早起きする、睡眠をきちんと取る、散歩などの運動をするという生活療法もあわせて行っていくことで、治療の効果が高まります。

散歩などの運動をするという運動療法は、現在では薬物療法と同等の効果があるといわれています。

僕も心療内科の主治医から、運動療法をすすめられたことがあります。

僕の個人的な経験からも、抗うつ薬を服用してベッドで横になっているだけでは、うつ病というのはなかなか良くなりません。

最悪の状態から、ある程度うつの状態が改善してきたら、毎日ちょっとずつでよいので、運動をしたり、規則正しい生活を心がけるという努力をしていくことが大切になってくると思います。

毎日、ちょっとずつでも運動を続けることで、精神的にも少しずつ前向きになってきます。

ベッドに横になりながら、強い不安感とネガティブ思考と戦うのは、とてもツライ事です。

毎日5分でも良いので散歩すると、ネガティブ思考も減っていきます。

この散歩の時間を5分、10分、30分と増やしていくことで、精神的にも前向きになってきて、ネガティブ思考が減っていきます。

スポンサーリンク
 

認知行動療法とは

しかし、中にはうつ病の症状が良くなってきているのに、不安感やネガティブ思考がなくならないという場合もあります。

そのような場合には、「認知行動療法」を行うのが効果があるといわれています。

認知行動療法(Cognitive Behavioral Therapy)は、様々な精神疾患の治療に活用されている心理療法の1つです。

思考や行動の癖を把握し、自分の認知・行動パターンを整えていくことで、生活や仕事上のストレスを減らしていく方法のことをいいます。

例えば、職場で上司に挨拶をしたのに、返答がなかったという出来事があったとします。

この出来事を「自分は上司に嫌われているんだ」という風に認知すると、感情が落ち込んだり、憂鬱になったりしてしまいます。

その結果の行動として、その上司の事をなんとなく避けるようになってしまうという事があったとします。

しかし、この出来事を単に「自分の挨拶が聞こえなかったのかもしれない」という風に認知するようにすると、その後の感情や行動も変化していく可能性が高くなります。

日本の認知行動療法の第1人者は大野裕医師

僕の経験からしても、やはり自分はどちらかというと否定的な考えが多い方だと思います。

また、認知(=考え方の癖)も歪んでいると自分でも思います。

なので、うつ病になりやすい体質なのかもしれません。

そして、何度もうつ病が再発しています。

薬物療法と生活療法に、認知行動療法を加えることで、うつ病が治りやすくなり、さらに再発を減らすことができるといわれています。

認知行動療法を行っているメンタルクリニックもありますし、認知行動療法を学べる本なども出版されています。

日本の認知行動療法の第1人者である大野裕(おおの・ゆたか)医師が多くの書籍を出版されています。

うつ病の状態が良くなってきても、なかなか否定的な考えや不安感が取れない場合や、再発を防止したいという場合には、認知行動療法を実践してみるのも良いかもしれません。

僕も今後もっと余裕ができてきたら、ぜひ認知行動療法を行うことで、自分の認知(=考え方の癖)をより良いものにしたいという思いがあります。

また、普段からこのような自分の思考の癖を客観的にみるようにして、できるだけうつ病を再発させないようにしたいと思っています。

スポンサーリンク
 

今日の朝は早朝覚醒してしまい、予定の時刻の2時間くらい前に目が覚め、その後眠れませんでした。

起きる時間になっても、まったく疲れがとれておらずだるかったのですが、のそのそと起き上がってみると、今日も雨降りです。

だらだらと出勤の支度をして、雨の中、最寄駅に向かいます。

今日は日曜日なので、電車はガラガラかと期待していたのですが、予想していたよりも電車内に人は多かったです。

雨降りで気分が沈んでいるからか、今日は仕事中に何か嫌な事が起こりそうな気がします。

いつもの取り越し苦労であれば良いのですが。

1日の仕事が終わってみると、僕の嫌な予感はまったくあたらず、今日は平和な1日でした。

やはり僕は認知が歪んでいるのだと思います。

常に嫌な事が起きるのではないか、不安が現実になるのではないか、というような物の考え方をしてしまいます。

しかし、実際には不安が現実になる事は少ないです。

現在僕は、借金を抱えてしまっていて思うようにお金を使えませんが、もしお金に余裕があったら色々と試してみたい事があります。

その中の1つに、カウンセリングや認知行動療法を受けてみたいという事があります。

僕は認知が歪んでいて、うつ病になりやすいような物の考え方をしているので、それを修正したいという思いがあります。

でも、カウンセリングや認知行動療法を受けるには、ある程度のお金がかかると思うので、ちょっと躊躇してしまいます。

スポンサーリンク
 

嫌な事が起こっても、ブログのネタにする

今日は平和な1日でしたが、明日も仕事です。

残念ながら、明日こそは何かトラブルが起こるのではないかという不安があります。

しかし、今日の仕事中に、仮に嫌な事が起きても、それをブログのネタにすればいいかなという気持ちになりました。

ブログを書くメリットの1つとして、嫌な事が起こっても、それをネタにできるという事があります。

なので、少々のトラブルであれば、起こってもよいという、ちょっと達観した気持ちになっています。

嫌な事が起こっても、ブログやTwitterで吐き出せば、それほどひきずらずに消化できるような気がしています。

なので、明日の事を今からウジウジ悩まずに、むしろ嫌な事を歓迎するような感じでいたいと思います。

それと今日、「ドラゴンクエスト」シリーズ最新作となるスマホ向けのタクティカルRPG「ドラゴンクエストタクト」に事前登録しようかどうか、ちょっと悩んでいます。

借金返済するために、色々と行動しなければならないので、ゲームにハマっている場合ではないのですが、現実逃避して登録してしまいそうです。

ブログのネタとしても、最新ゲームの情報を知りたいという方も多いと思いますので・・・。

もうちょっと考えてみます。

スポンサーリンク
 

  • うつ病

うつ病の症状が悪化すると、考え方がネガティブになり、常に否定的な事ばかり考えてしまいます。

失敗したらどうしよう、病気がこのまま治らないのではないか、将来どうなってしまうんだろうというような思考に頭が支配されてしまいます。

僕もうつの症状が出てくると、頭の中は常にネガティブ、発する言葉も常にネガティブになってしまいます。

ほとんどのうつ病の患者さんは、同じような状態なのではないかと思います。

これは、ネガティブ思考というのは、うつ病の症状の1つだからです。

逆にいうと、うつ病が治ってくれば、ネガティブ思考もおさまってくるのです。

僕の個人的な体験からも、うつの状態がひどいときは、ネガティブ思考も強いです。

けれども、うつ病の症状が良くなってくると同時に、徐々にポジティブ思考になっていきます。

なので、否定的な考え方をしてしまうのは病気のせいだと考え、うつ病を治していくことを考える事が大切になってきます。

スポンサーリンク
 

薬物療法と生活療法でうつ病の再発防止

うつ病の症状を良くしていく為には、まずは精神科や心療内科に通院して、きちんと服薬をする。

いわゆる薬物療法が大切だといわれています。

しかし、薬物療法は1次的に症状を抑えるだけの対症療法なので、あわせて生活療法も行うことが大切です。

生活療法とは、具体的には、早寝早起きをする、睡眠をきちんととる、運動をするなどです。

今までの病気になりやすい生活態度を改めて、規則正しい生活をおくるようにするという事です。

生活療法は、対症療法に対して根治療法ともいわれます。

うつ病などのメンタル疾患は、薬物療法だけでも改善する場合はあります。

けれども、生活療法をあわせて行うことで、早く治ったり、再発防止になったりします。

このように、薬物療法と生活療法を併用することで、うつ病の症状は、より早く改善していきます。

うつ病の症状が良くなってくると、物の考え方も前向きになり、ネガティブ思考をすることも減ってきます。

スポンサーリンク
 

うつ病の治療には認知行動療法が効果的

ネガティブ思考はうつ病の症状なので、うつの状態が良くなってくると、だんだんと否定的な考えはなくなっていきます。

しかし、うつの状態が良くなっているのに、否定的な考え方がおさまらないという場合もあります。

否定的な考え方を放置してしまうと、うつ病再発のおそれがあるので、そのような場合には「認知行動療法」が有効といわれています。

認知行動療法とは、認知(=考え方の癖)を修正して、行動をより良いものに直していく療法です。

認知行動療法を行うことで、うつ病などの精神疾患の再発防止にかなり効果があるといわれています。

僕もそうなのですが、うつ病になってしまう人には、独特の考え方のクセがあるように思います。

ちょっとしたストレスやショックに弱く、いつまでもクヨクヨと考えてしまったり…。

また、何かあった時に、常にネガティブに考えてしまうマイナス思考だったり…。

僕は、特に人間関係で何か失敗してしまった場合、いつまでもクヨクヨ、ネチネチと考えてしまう事が多いです。

そして、ある現象がおこった時に、自分にとってマイナスに考えてしまう事も多いです。

このような考え方の癖を持っているとうつ病などの精神疾患になりやすいのかもしれません。

認知行動療法の具体例

認知行動療法とは、物事をどうとらえるかという認知のあり方が、気分にも作用するという点を踏まえた療法です。

具体的な例としては、会社の同僚を食事に誘って断られた場合。

うつ病になりやすい人の考え方は、「きっと自分の事を嫌いに違いない」と捉えます。

このようにネガティブな方向に深読みするような思考パターンをしてしまいます。

うつ病になりやすい僕の思考パターンは、まさしくこのようなマイナスな方向に深読みしてしまう感じです。

しかし、このような思考パターンを「忙しいだけだな」とあっさりとした方向に変えていくことが認知行動療法です。

また職場で、同僚の人がムスッとした表情をしていると、自分に対して何か不満があるのではないかと考えてしまいます。

実際には、ただ別件で機嫌が悪いだけなのかもしれないのに、自分が悪いのではないかと考えてしまう。

うつ病になりやすい思考パターンとしては、何でも自分を責めてしまうというものもあります。

常に自分に責任があるのではないかと考えてしまうんですね。

他にも、職場でこちらが挨拶をしても返事がかえってこなかったりすると、何か自分が気にさわる事をしてしまったのではないかと考えてしまう。

実際には、声が小さくて挨拶が聞こえなかっただけなのかもしれなかったり、何か考え事をしていただけかもしれないのにです。

最近では、このように挨拶をして返答がなかったとしても、自分が嫌われているんではないかと考えるのではなく、気が付かなかっただけかもしれないと、考え方のクセを前向きにするようにしています。

そして、普段の会話でもあまり深読みすることをせずに、プラス思考でいこうと思っています。

普段から1つ1つ、考え方のクセを見つめることで、うつ病を改善させていきたいものです。

認知行動療法とは、このように、考え方を前向きに変えていくことで、病気になりにくい体質に改善していこうとする精神療法です。

スポンサーリンク
 

ホームPage 1 / 11